読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:

感想とか投げとくところ(の予定)

何で降りたのか改めて考えてみる

リクエストがあったので。



私はその昔「みっくす」と名乗るおたくでした。この1年かけて(というかなんかいろいろ被って)今の推しによって供養してもらったので(例え方が重い)、今となっては懐かしいなぁって感じです。


で、何で降りたの?という話を成仏した今だからこそ、今後の戒めとして振り返ってみてもいいかな?って思ったので書いてみます。

ちなみに「みっくす」ってどんなおたくだったのか?って話も書いてみましたが、どこまで書いていいのかわかんなくてやめました、笑。どうしても気になる方は彼本人にでも聞いてみて←




降りた当初は、またすぐ絆されて出戻りそうで、でも出戻るのは嫌だったので、降りる理由も原因も全て彼に伝わるようにして、嫌な女を演じ切り、顔面グーパンくらいの勢いで降りました。まぁほんと何か大きな事件や出来事があったとかではなく、積もりに積もったものが爆発した感じ。詳しくは書きません。伝えたい人にはきっと伝わったはずだし。



さて、ここからは本邦初公開(?)の理由を書いていきます。今思えばこれが一番の理由かな。



彼との最後のやりとりは

「誕生日なにほしい?」
「いやいやいらないいらない」
「あ、そう。じゃあもういい。」




その「いらない」は言い方的にも明らかに遠慮というか、もう充分ですみたいな感じでした(これで違ったら笑うけど)。

でもあの時の私は「彼のおたくであることへの自信」が地に落ちていて、私が推してる意味ってあるのか?と思っていました。元々思い返せばアミュネ後あたりから自分の無力さを感じてました。私は所詮おたくのひとりでしかない。共演者には勝てない。

それでも低空飛行で飛び続けて、でもシャーロック辺りでバッキリ心が折れて、続く現場ラッシュに疲弊して。なんでこの人応援してるんだろう?私この人応援してて楽しい?この人はもう私のこといらないんじゃない?そんなことをだんだん強く思うようになって。

そんな自分の存在価値を見失ってた時に、意図だったのか意図じゃなかったのかわかんないけど「いらない」と言われた瞬間に「ああ、私はもう要らないおたくなんだ」って受け取ってしまい「じゃあもういい」となってしまったんです。


まとめると「もう彼にとって、私の需要は無くなった(気がした)」というのが、まずひとつ。



そしてちょっと時間が経って冷静になって「あの『いらない』はあくまで誕生日プレゼントが要らないって話だよな」って思い返して。

でもよく考えた時に、やっぱりもう修復不可能であることを感じました。




だって彼に必要とされてるか否か以前の話ね!


最初に誰かを推す時って、自分が推しに必要とされてるから推します!ってあんまり無いですよね。あくまで自分がその人を好きだから、推したい!ってなるんだと思っていて。私が最初に彼を推し始めた時も、純粋に「好きだから」推し始めたのに。

好きだから、全通して
好きだから、貢いで
好きだから、手紙書いて

全部自己満足の世界だったはずなのに。見返りなんて求めてなかったのに。



それがたぶん3年目越えた辺りから、義務になってたなぁって思います。もちろんそれでも好きだったし、甘やかしてもらえたり、軽口叩きあったり仲良くやってたと思います。でもそれがどこかで「私は必要とされてる」とか「私がいなきゃ駄目だから」いう勘違いが生まれてたのかなぁって思います。

確かに人伝で聞く限り、大切にしてもらえてたっていうのはあったと思います。でも決して「私がいなきゃ駄目」でもないし「私が必要」ではなかったと思うんです。現に私いなくてもすごい頑張ってるし、人気出てるし。


で。話を戻すと。



推す理由として

「必要とされてるから(という思い込み)」って、純粋じゃないなぁって思うんです。すごく不純な理由だなぁって思うんです。


だって昔は必要とされてなくても、認知されてなくても、構ってもらえなくても、楽しかった。幸せだった。

今はもうそう思えなくなってしまったから、戻れないと思った。




私は彼に「変わっちゃったから降りる」と伝えたけど、たぶん私も変わっちゃったんだと思います。

「必要とされないなら、推せない」

って思うなんて、もうその人のおたく失格だと、私は思います。






今は必要とされてるかされてないかわかんないけど、わかんなくても好きだって思える人を応援しています。幸せ。今の私には必要とされてるかどうかとか、周りがどうだとか、そんなこと関係ないし興味もない。ひたすらに今の推しといる時間が一番幸せです҉*\( 'ω' )/*҉




今最高に幸せだと思えるからこそ、素直に昔を振り返ってみました。今年は本当に何度も思い出に後ろ髪引かれたけど、やっぱり今の推ししか!と現場を重ねる度に強く思える1年でした。

きっと「みっくす」として生きた4年間って今より激動だったし知名度もあるんだろうけど、それを捨ててでも得た今に後悔は一切ないです。


ただ今でも彼を推してきた4年間は宝物で、大切にしていきたい想い出です。あの経験があってこその私だと思うし、強心臓になったし、楽しかったです。幸せでした。ありがとう。すごーく遠くから見守ってます。ただ現場被った時はお手柔らかにお願いします()



以上です。
質問あればどうぞ!

好きなことは積極的に声に出してくスタイル

 

たぶんこれで今年の現場は配役含め出揃った…かな?いつでもプラスタ現場放り込まれていいように、基本土日開けてます(から公式早く本気出して)。

 

 

今年の瀬戸っち現場は

 

マフィアモーレ

じゅかいでん桃源

せかきゅー

アプリ男子

BBL

森の石松

しょとロイ

じゅかいでんきんぐす

 

じゅかいでんバレイベ

無印リリイベ

TGS

 

 

瀬戸っち現場以外を含め、今年の現時点確定してる参加(予定含)現場数は101回(!)ついにおたくやってて初めて100の大台突破しましたヽ(゚∀。)ノ

過去最大でも年間80届かないくらいだったから、ほんと振り落とされずついていけてよかった(´pωq`)年始のジョブチェンほんと大変だったけどジョブチェンしといてよかった(´pωq`)

 

ていうか8本中4本主演 #とは

 

 

 

瀬戸っちを応援するようになったのが去年のじゅかいでん無印から。最初は次の現場が何ヶ月単位で先…みたいなこともありました。今年だって桃源からリリイベ、せかきゅーまで3ヵ月待機とかね、あったしね。

 

でも6月からはもう毎月舞台があるので、職場では毎月月末に行方をくらまし、月初めに浦島太郎状態で戻ってくる的な感じが続いてます、笑。

 

 

 

なんかもう今年振り返るモードに入るとね。

 

 

まず去年までは

 

無印は1回しか行けなかった

(そもそも初見が前楽だった)(しかも何気なくふらっと行った)

去年のTGS行けなかった

(ハマった直後で既にシフト決まってた)

エンタの素も1回だけだし

(くさかったねノニジュース)

選べるのならは2日間しかなかった

(極寒のちゃんぽん懐かしみ)

 

 

なのでまともにがっつり通いだしたのって、今年のマフィアモーレからなんですね。

 

先日ふとその頃のツイートを見返してたんですが、序盤と終盤の私のテンションの差が面白かったです、笑。

 

 

どーせそんな誰も読まないだろって思うので書くと、そもそもが瀬戸っちを推す前にずーっと大好きだったやまざきたいきさん。4年間全力で応援して、酸いも甘いも笑顔も涙も共にしてきた人。

 

降りてはみたものの、やっぱり4年間の重みってすごくて。ことある事に気にしたり、思い出したり、重ねたり。きっとあの4年間を超えるものなんてないだろうって思ってたり。でも今のやまざきくんを見たらやっぱり腹の立つこともあって、憎まれ口しか叩けない。大好きだった頃のたいきくんはもうどこにもいない。まさに地縛霊。

 

そんな闇を抱えたまま突入したマフィアモーレ。2日目あたりのカテコでカミカミ瀬戸っちをフォローする畠山氏という構図は、まさに私が1番大好きだったアミュネのやまざきくんを思い起こさせて割と1人客席で泣きそうになってた。

 

でも、そっからほんとに楽しくて。

生き生きと演じる姿も、日に日にしゃべれるようになってくカテコも、カンパニーみんなのことを大事にしてる姿も、作品そのものも。飽きもせず毎日笑った。

 

その時に「瀬戸っちは決して誰かの代わりで好きなのではなく、瀬戸っちという人が好きなんだ」と思い始めるようになりました。

 

 

 

そして現場を重ねるたびに、あの4年間に負けないくらいたくさん思い出が増えました。ほぼほぼ楽しい思い出ばかり。もちろん悔しいこと悲しいこともちょっとだけだけどありました。でもちゃんと耐えたし乗り越えた。

 

 

私変わったなー!って思ったのは、ほすとてゃんの辺りかなぁ。

 

 

それまでは「私が楽しいと思うことが全て。苦しむようなことならそこで終わり。だって趣味だもの」っていうスタンスでした。わざわざ辛いことやめんどくさいことには首をつっこみたくない……というのは、やまざきくんを応援してた経験から。もう同じ失敗はしたくなかった。

 

 

だから当然何か表立ってアクション起こすとか全くやる気なかったです。それがほすとてゃん決まった瞬間に友達に連絡して、その晩に気づいたら企画を立ち上げた瞬間「待って私なにやってる!?」って思いました、笑。

 

たぶんこれが1年前に…いや半年前にほすとてゃんってなったら下手したら降りてたと思います。めんどくさいことに巻き込まれたくないし。でももうその頃には、絶対金銭的にも時間的にも死ぬ!とわかってて渦中に飛び込めるくらいには好きだったんですよねきっと。

 

 

そして結果は力及ばずで、悔しくて泣くとかもね。いやほんと去年の私だったらそんな辛いならやめちゃえば?って言ってる。

 

でも、それでも好きとか応援したいと思わせてくれるんです。前に前に進んでいく姿がほんとに見ていて楽しくて、応援していることを誇りに思える人なんです。

 

きっとこれから先、もっともっと上からの景色を見せてくれる人だと信じられる。作品の数だけたくさんの世界に連れて行って、楽しませてくれる。

 

 

 

今年1年を経て

「誰かの代わりかもしれない」という思いから

「誰の代わりでもない」になり

 

「これからも末永く応援したい」

 

気持ちの変化がすごい(語彙力)

 

 

 

 

だからプラスタはほんと情報掴んだ瞬間から友達とっ捕まえて会議開きまくるくらいしばらく動揺したけど、今はほんとどーんと来いという気持ち。

 

もうブレない、その程度では。

 

過去も大事な記憶と経験。

だけど私は今が大事で、未来が楽しみ。

過去をわざわざ否定しなくてもね。

 

 

 

友達に先日「ここまでハマると思わなかった」と言われましたが、「ほんとこんなはずじゃなかった」と返すしかなかったw

 

 

本当に去年うっかり無印観に行った自分褒めたい。そして勧めてくれた友達に感謝したい。

 

清水の舞台から飛び降りる決断だった、後悔も最初はたくさんしたけど。

 

 

この1年間は「それでよかったんだ」と証明してくれた1年でした。

 

まだ2本控えてるけど、きっと楽しい!って!信じる! 

 

 

 

 

と、思うがままに書いたけど。

そのうち恥ずかしくなって消します←

 

 

 

 

 

 

っていうのをかなり前に書いた(たぶんしょとろい前くらい?)のを上げ忘れたので今更ながら上げときます、笑。

 

 

1番お世話になってる箱はどこだ

 

先日友達の舞台を観に久々の六行会ホールへ。

 

初めて六行会行った時なんて京急の乗り換えミスって新馬場を通過したこともあったし、その後も各停への乗り換えに戸惑ったり品川で迷子になったり…

 

それが今年はあまりに品川近辺行きすぎてもう品川待ち合せとか余裕だし、何なら新馬場から品川まで歩けるし途中踏切トラップにもハマらない(初回はまんまとハマった)。

 

自分ほんと六行会通ってんなー!って思いつつ帰宅途中にふと思った。

 

 

 

過去のおたく人生の中で

1番通った箱ってどこだ???

 

案外思い出が濃い箱は通ったつもりでも実際の数は大したことないのでは?

 

 

 

ということで数えてみました。

 

 

□ルール□

・単純に「通った数」を数えるので1日1回カウント

(マチソワで行ってもカウントは1回)

・2012年1月~2016年12月末で計算

・入場してないものはノーカウント

(友達のお迎えだけとかは('ω'乂)ダメー)

・イベントも含む

 

 

 

 

 

5位……俳優座劇場  13回

主な現場→あなキス2、森の石松

 

あなキスがやまざきくん初主演舞台なので全通してます。そして石松さんが1日1公演で全9日間、そのうち7日間入ってて日数を稼いだが主な要因。前は近くに住んでたので取引の待ち合わせとか、観劇後の友達迎えに行ったりはちょいちょいしてたので、実際はもっと通ってるんだけどね!それでも13回は思ったより少なかったなー。

 

 

 

 

4位は同率で……

サンモールスタジオ 14回

主な現場→セカキュー、アプリ男子

 

シアターGロッソ 14回

主な現場→忍ミュ

 

新宿村LIVE

主な現場→マフィアモーレ、しょとロイ

 

まずサンモールスタジオ、ほぼ2016年のみの数ですw2015年までだと1回しか行ってないからね…。セカキュー期間ほんと大変だったけど頑張った。終わりよければ全てよし。でも先日DVD届いて、OP見ただけで体感的な気温とか諸々思い出して感慨深くなった。からのダメ押しのアプリ男子ね。

 

そしてここで早くもGロッソの登場。私が若手俳優の世界にドッポーンした始まりの場所です。忍ミュ以外行ってませんね。あと通って入った数は14回だけど、これもお迎えとか諸々で実質30回くらい現地には行ってる。嵐のライブと被った時は友達と休む場所を求めさ迷って半日終わったりとか懐かしいね。昔みたいにまた入ってすぐの壁がスクリーンになればいいのにな。

 

からの新宿村!ここは実は完成した年から毎年何かしらで行ってる。ここは唯一やまざきくん関連で1度も行ったことないんだよね、友達の舞台では何度も行ったけども。そして今年に入って通い現場が2つも入ったので結果回数が伸びました。しかも2つとも主演なので頑張って通うよね!たのしみー!

 

 

 

 

3位……六行会ホール 17回

主な現場→ディアラバ初演、BBL、シャーロック

 

ここがたぶん通い現場(推しが出てるのでほぼ全通するような現場)の数的には1番多いはず。思い出もいずれも濃い。良い思い出も悪い思い出も。昔と違ってホールに電波入るようになったから許す……が、立地がほんとひどい。今のところに引っ越した結果、行くのに1時間半以上かかるからほんとやめてほしい(のに来年1発目も六行会っていう)。たまには六行会ホールよ、そっちが来い。せめて品川までは来い。

でもBBL経てからだいぶ好きな劇場にはなりました(*'ω')見やすい!来年さっそく鬼切でたぶん2位になります!

 

 

 

2位……池袋サンシャイン劇場 19回

主な現場→忍ミュ

 

はいまた出たよ忍ミュ。Gロよりサンシャインが多いのは1番通った3弾再演がここだったせい。そしてここもGロと同じく諸々あって実質現地にはこれよりもっともっと来てる…プラス15回くらいはトータルでも行ってるんじゃないかなぁ?あのマチソワで絶対退屈しない感じが好き。そしてここは回数も多かったけど伝説もたくさん残したから、思い出の濃さもすごい()しばらく行ってないけど、またいつか行く機会ができるといいなぁ(*´-`*)

 

 

 

では栄えある1位を。

 

第1位は他の追随を許さない

驚異の…………51回!!

 

 

東京タワー

主な現場→イベ多数、ハイアット

 

 

 

笑。

 

 

 

 

さすがかつて東京タワーの地縛霊を名乗ってただけのことはあるよね、笑。月1イベント×3年半を全通でそれだけで36回だもんな…。降りるまで東京タワーで行われたやまざきくん関連のイベント、干したことなかったです( ー`дー´)キリッ。あと初めて舞台全通したのも東京タワーのハイアット。今のワンピースなんとかやってるスペースでやってました。伝説のでんぐり返しとか、初めて認知確認したとこだったりと思い出深い。

 

こ、この記録を破る劇場は現れるんだろうか•́ω•̀)?

 

 

ちなみに通ってるつもりが意外と通ってなかった劇場は……

 

 

シアターサンモール 11回

もっと行ってるつもりだったw作品数的にはすごく多いけど、思えば通ったのってふらちだけだった。ふらち楽しかったなー。

 

スペゼロ 9回

まさかの1桁wwここも実はアミュネでしか通ってないし、全通はしてないんだよねー。立地とか諸々すごい好きな劇場なんだけど(´・_・`)

 

 

 

意外と行ってたのは、吉祥寺シアター 10回

鬼切丸初演で全通+人狼で2013年だけで10回。ここも綺麗だし好きだよ。真夏に横浜から毎日通ってたの、つらかった(けど楽しかった♡)

 

 

有名どころ劇場だと

 

アイアシアター 7回

(ハイステナルステでちょろちょろ)

 

明治座 7回

(通い現場1作品)

 

日本青年館 1回

TDC 1回

(いずれも御館様のおかげです)

 

ブルーシアター 0回

銀劇 0回

(意外と行ったことない)

 

 

 

 

*  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒  *

 

 

いまいち結果に納得いかず、行った公演数でもカウントしてみた。

 

 

3位 新宿村 22回

2位 サンシャインと六行会 24回

 

 

 

1位 東京タワー(結局) 58回

 

 

 

*  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒  *

 

来年はどんな所に行けるかな(*´︶`*)

たくさん、出来ればもっと大きいところにたくさん行けたらいいな(*´︶`*)

きっと連れて行って貰えるって信じてます*°

 

応援スタンス(2017年版に更新しました)

 

 

新年になりました(*´﹀`*)♡

応援スタンスもちょろっと変わったので、新年を期に更新しておきますー。

 

 

 

■基本情報

・試される大地出身、都内在住

・医療系フリーター

・シフト自由に組んでる

 

 

■担当(2016年11月現在)

瀬戸啓太 さん*°

2015.9.11じゅかいでんから。

 

元々6月くらいに写真で見てかっこいいなぁって思ってまして。たまたま時間が出来たので観に行った上記作品にて、厨二病の呪いを患った(?)硯というキャラを熱演する姿に「もっと観たい」「大舞台に立つ姿を見たい」と思い今に至る。

 

好きな所はまず!真面目なところ!お芝居に真面目で真摯。いつも100%でぶつかっていくからクオリティも高いし、次の日はもっとその上のクオリティを出してくる。そしてとっても礼儀正しくて、口下手だからと表現することから逃げるのではなく、ちゃんと自分の言葉で伝えてくれるところが真摯で優しいなぁって思います。現場を踏めば踏むほどどんどん実力をつけて、いつもその作品の中で光る存在になっているので、本当に今年は人気大爆発するんじゃないかなぁって思ってますo(。>ω<。)o他にもたくさん好きなところあるけどないしょー!(厄介か?笑)是非気になった方は現場で確かめていただけると嬉しいです!

 

 

 

■好きになる基準
・お芝居や仕事に真面目

・なんかしら抜けてるところがある

・優しい

SNS更新や告知がマメ

 

大前提はお芝居や仕事に真面目であること。もちろん腹の底でどう思っててもいいんだけど、真面目だなぁと思わせる立ち振る舞いが出来ているのが絶対必須条件。結局こっちも本気で応援してるので、その熱量に見合っててほしいなぁって感じ。全力でやるなら全力で応援するし、手を抜いてたらこっちも手を抜きます。

あとSNS全く更新しない人たまにいますけど、現場ない期間にSNSも浮上してこないと私の日常からどんどんログアウトして「存在しないもの」になります。何も存在アピールしないのにその人を思えるほど暇じゃないんですよ!!!クラスメイトとか同僚じゃないんだから姿が見えなきゃ生存してるかすらわからないし。その点瀬戸っちはほぼほぼ毎日更新してくれるので毎日幸せです(*n´ω`n*)

 

 

■雑誌を買う基準
出てれば1冊は買う。

でも特に複数買いはしない。

だって現場が好きだから() 

 

 

■映像を買う基準
DVDは記念品扱いで買いますが、だいたい観ません。流し見したら優秀。

どんなに本番中面白くて絶賛して通った舞台でも、映像はそんなにリピートしないなぁ。推しが可愛いかっこいいシーンは繰り返しみるけど、通しで観るのはほぼない。

結局現場が大好き。

 

 

■現場に行く基準、遠征に行く基準
全通が基準。いやほんとこれ1度やめようと思ってほんの一瞬だけ公演数減らしたことあるけど、結局散々後悔するハメに。そしてその後も、その気は無いのに気付いたら全通でチケット買ってたみたいなことばかりなのでたぶんもうこの思考回路やめられない()でも実際にはどうしても仕事があって取りこぼしてしまう公演もたまーにあります。それでもせいぜい行けないのは1-2公演くらいかな?なるべく行けるための最大限の努力はします。

ちなみに。別に全通でマウント取りたいとかじゃなく、単純に推しの日々の成長や変化を見落としたくない、毎日観たい!と思わせるものがあるから。それだけ推しが素敵なんです。

 

遠征もそのルールに則っていきます。去年ハイステを経験して頑張ればハイステくらいまでなら全通出来そうってことがわかったので、たぶんそのうち全国ツアーやりかねないです。ワールドツアー()に関してもたぶん推しが出るなら行きます。ただブラジルとか地球の裏側系はさすがに考えるwちなみにまだ人生で日本から外に出た事ないです。

 

 

 

 

■グッズ写真を買う基準

推し関連はひととおり揃えます。
ランダム系も出来るだけ推しのは揃えますが、最近ランダムはあんまり必死にはやらないかも。交換も自分からは積極的に動かないで、お声がかかれば…って感じ。だって別にランダムにたくさんお金使っても推しのごはんにならないし…。気まぐれに引いて当たればラッキーみたいな。

 

頑張る(?)のは個人ブロマイド。これはきっと推しのごはんになるやつだから(頑張る基準はそこ)。

 

 

 

■プレゼント/手紙について
突然ですがこのブログのタイトルを「Re:」にしたのは、何より手紙やリプを大切にしたいという意味です。何も相手から反応がないものに発信し続けるのって、少なくとも私はしんどい。なので推しの芝居なりツイートなりには絶対何かしらのリアクションを返すのが私にとって1番応援してるって思うことなのです。でも適当なツイートとか気に食わないことは無視する←

話を戻しますと、つまり手紙芸人です()

プレは価格帯も種類もその時の気分です。最近はもっぱらお洋服とか身につける系が多いかなぁ?たまたま貰ったスタバの無料券の時もあれば、ハイブラのものの時も。思い返せばあんまりモチベと価格帯は一致しないかも。今1番欲しいのは、推しの自宅冷蔵庫をA5ランク松坂牛とコーラでみっちみちに埋め尽くしても許される権利←

あとこれはプレというカテゴリなのかわからないけど、お花の話も少し。基本お花が出せる所は絶対出します。スタンド花が出せるならスタンド花一択。お花に対するスタンスは某有名ブログの方とほぼ思うことは一緒なので省略。

 

 

■仲良くなる基準

あんまり仲良くするのに同厨とか他厨とかは関係ないかなぁ。あくまでスタンスとか性格が合うか合わないかだと思うので。あくまで推しと私がまずいればOKって感じなので、現場ぼっちでも全然気にならない。もちろんお友達と動ける現場は楽しいですけどね!ただだからといって無理に交友関係を広げようとも思わないです。推しの文句とか悪口とかは例え貶し愛でも絶対無理なので無理です(ただし私の推し以外はどうでもいい)。あとわざわざ趣味の現場でお世辞とか言う気にはなれないので、上辺だけの仲良しみたいなのも苦手。職業柄嘘を見抜くのが得意なのもあって、嘘に対してすぐひとつひとつつっこみ入れたくなってしまいます。なので本音の殴り合いが出来るような間柄がいちばん楽で、たぶんフォロワーさんのほとんどはそんな感じです。

 

 

 

■総合的な応援スタンス

頭はっぴーなぽんこつおたく(*´﹀`*)(?)

 

絶賛天衣無縫の極みモード継続中なので、推しがいればハッピーです。周りの環境とか人とかどうでもいいです。あることないことで叩かれても、推しとか友達とか本当のことを知っててほしい人が本当のことを知っててくれてたら充分なのです(•᎑•)お花が厄介とか言われてもよくわかんないので大丈夫!←

 

 

 

 

 

 ■余談~やまざきくんについて

今年から日本のヒーローになる山崎大輝くんの元ガッツです。「みっくす」と名乗ってました。今の3倍くらい頭のおかしいおたくだったと思います()

もう今の「やまざきくん」に対して戻りたいとか好きだとかっていう気持ちはなく、完全に他人事です。

ただ好きだった頃の「大輝くん」については今も大切な大切な思い出です。なので別にやまざきくんのおたくは地雷ではないですし、今のやまざきくん貶し愛も大丈夫ですが、昔のことについて貶されると…うん(笑)

なのでたまにやまざきくんのことも触れたりしますので、地雷な方はご注意を!

 

 

 

 

長々とすみません(´・_・`)

お読みいただいた方、ありがとうございました☆

鬼切まる伝とじゅかいでん、予測で比較

 

フォロワーさんリクエスト(された気がした)

「鬼切まる伝(以下:鬼)」と「じゅかいDEN(以下:呪)」

それぞれ過去シリーズ作品の傾向から予測しておすすめポイント比較していきますコーナー。

 

 

それぞれの過去シリーズを観劇してきた上で、4つの項目を「A~E」の五段階評価。

 

 

参考までにそれぞれ私の観劇回数は

鬼→初演全通、再演1回

呪→無印1回、桃源全通

 

 

 

①ストーリー

【鬼→C寄りのD】

初演はD、再演はCだったのでこんな感じ。正直この演出家さんの作る原作無しの舞台は結構面白いけど、2.5舞台はストーリー構成が好きじゃないかなぁ。結構大事なことが端折られてたりして、物語が破錠してたり(初演は特にひどかった)。原作的に今回もシリアスを予想。あともしかしたらBL要素あるかも?原作予習必須。シリアスならこっち。

 

【呪→B寄りのA】

初見でもとっつきやすいしわかりやすい。あとキャラクターが個性豊かすぎて基本的に腹筋死亡不可避、特に硯。ただ今回はシリーズも重ねてきたので初見殺しで進む可能性も僅かにあり。笑いを求めるなら絶対的におすすめ。

 

 

 

②殺陣

【鬼→AAA】

絶対殺陣はすごい(確信)。初演の殺陣の数と迫力は未だ私の中でダントツ一番。でも主演の子がどれだけ動けるかにもよるかな、私は再演より初演の方が殺陣は好き。今回はきっとガンアクションないのが非常に残念だけど、それでも絶対えぐい殺陣が来るはず。

 

【呪→A】

なんかこれは単純に殺陣の付け方の好みかもしれない()呪は「小劇場でそこまで動くか!?」っていう、小劇場の空間を上手く使った殺陣の見せ方がとても良い。鬼シリーズの次に殺陣が好きな作品。ただ桃源みたいに広いステージでの殺陣はやっぱり鬼シリーズの方が迫力感じる(というか小劇場と同じ見せ方だったので勿体なかった)。

 

 

 

③演出

【鬼→B(振り幅あり)】

最近のこの方の、この箱の大きさでの演出見てないんだけど…。未だに映像駆使するイメージあるんだけど最近どうなんだろう…。鬼シリーズはかなり映像も多用する演出でした。だからOPはぞくぞくするほどかっこいい。初演は推し(当時)が久々の外部舞台でソロクレジットだったんで初日爆泣きするくらいOP演出がかっこよかった。ただ再演は封印されてた強い鬼(名前忘れた)がまさかの全部映像だったのにはずっこけそうになった。今回は映像と生身のバランスに期待。あといろんな視点で見せてくる感じは好き。

 

 

【呪→B】

今までもなかったから、おそらく今回も映像演出なしと予想。無駄がなく実にシンプル、ストーリーを邪魔しない感じが好き。「おっ!」と心に残るような目立つ見せ方はないけど、ストーリーの良さをみせるならこれがよいのだと思う。あと役者それぞれの持ち込みとか個人スキルをどんどん活かしてくれるのは俳優おたくとしてはありがたみ。日替わりネタぼんぼんぶっこんでくる。

 

 

 

④物販

【鬼→D】

ブロマイド(通常と大型)、パンフ、ランダムメッセージくじ、Tシャツ、ガチャ(当たり付きランダム缶バッチ)、公演台本がたぶん基本構成(完全に覚えてしまった自分が悲しい)。

値段もそこそこするし、ランダム案件多すぎるので推しのが欲しいとなると揃えるのにかなりお金かかる。しかも物販担当はアンサンブルの子なんだけどおねだり上手で財布と心がつらい。そして今回はハイタッチ2000円握手3000円ってぼったくりかよ!!!!買うけど!!!!ハイタッチ2000円はさすがに笑う。バリエの多さとくじ運と財力豊かならおすすめ。わたしは嫌い←

 

 

【呪→B】

こちらはシンプルかつコスパ

Tシャツ、パンフ、ブロマイド(平日・土日)とかだっけ…?値段は忘れた。ランダム案件がいまのところないので、すごく助かる。通わないで1公演しか来れない人にも実に優しい。そしてなんだかスタッフさんがアットホーム、悪く言えばゆるい。おつりと買ったものはちゃんとその場で確認を。何かあってもそこは「さすが、はぴど〇クオリティ」が合言葉です←

 

 

 

思い出したらまた増やします(^ω^)

個人的にはやっぱりじゅかいでんかなー?出番多そうだし!

 

 

 

 

どうぞ!ご参考に!

 

▶2015年 履歴

0109 忍みゅ6
0115 忍みゅ6
0118 忍みゅ6
0120 MUSIC on Tower
0207 山崎大輝が料理男子!?
0217 MUSIC on Tower
0228 神様のおしごと ソワレ
0321 アミュネDVDイベント マチソワ
0317 MUSIC on Tower(3年連続全通)
0412 る典上映会 横浜
0428 MUSIC on Tower next!
0508 舞台NARUTO
0519 MUSIC on Tower next!
0527 モーニング娘。´15 コンサートツアー春
0616 MUSIC on Tower next!
0617 倫敦影奇譚シャーロック
0619 倫敦影奇譚シャーロック
0620 倫敦影奇譚シャーロック マチソワ
0621 倫敦影奇譚シャーロック マチソワ
0625 忍みゅ6re:
0626 忍みゅ6re:
0703 忍みゅ6re:
0721 MUSIC on Tower next!
0731 キタラジキックオフ@札幌ファクトリー
0812 アダチル
0813 アダチル マチソワ
0814 アダチル マチソワ
0815 アダチル マチネ
0816 アダチル ソワレ
0818 MUSIC on Tower next!
0826 ディアラヴァ
0827 ディアラヴァ マチソワ
0828 ディアラヴァ マチソワ
0829 ディアラヴァ マチソワ
0830 ディアラヴァ マチソワ(全通)
0911 JYUKAI-DEN
0915 MUSIC on tower next!
0923 人狼TLPT×PSYCHO-PASS 1st
0924 人狼TLPT×PSYCHO-PASS 2st
1003 人狼TLPT×PSYCHO-PASS 13st 14st
1004 人狼TLPT×PSYCHO-PASS 16st
1008 エンタの素 JYUKAI-DEN同窓会
1014 ドルフェス ジュルネ
1017 忍ミュ学園祭 昼夜
1024 ヒストリーズ・ジャパン マチネ
1025 カンガルハロウィンミニライブ
1025 月下燦然ノ星 -帝都綺譚- ソワレ
1030 舞台TTN
1101 アミュネファンミ 昼の部
1105 舞台 攻殻機動隊
1209 CLUB SLAZY
1213 永石匠ソロイベント 1.2.3部
1219 選べるのなら ソワレ
1220 選べるのなら マチソワ
1231 年越RUN舞

▶2014年 履歴

0108 忍みゅ5
0111 TRIBEとLIVE 喜-yorokobi-
0112 タワボ
0122 忍みゅ5
0123 忍みゅ5
0131 MOSH06 サロペッツ
0211 タワボ
0226 愛しのダンスマスター
0301 愛しのダンスマスター
0302 愛しのダンスマスター
0311 タワボ(2年連続全通)
0326 サンダービートで踊らせて
0327 サンダービートで踊らせて マチネ
0415 MUSIC ON TOWER
0505 男笑2014 at 新宿FACE マチソワ
0520 MUSIC ON TOWER
0522 MOSH007 私の愛したスパイ
0603 F=3a[F:ma 3mouth Action]
0617 MUSIC ON TOWER
0621 忍みゅ5re:
0625 忍みゅ5re:
0626 耳蒼 マチネ
0626 忍みゅ5re: ソワレ
0709 あなたに贈るキス2
0710 あなたに贈るキス2 マチソワ
0711 あなたに贈るキス2 マチソワ
0712 あなたに贈るキス2 マチソワ
0713 あなたに贈るキス2 マチソワ(全通)
0715 MUSIC ON TOWER
0721 男笑2014 at 横浜赤レンガ マチソワ
0806 テングメン
0809 テングメン ソワレ
0810 テングメン
0810 テングメン 千秋楽イベント
0819 MUSIC ON TOWER
0823 蒼海のティーダ ソワレ
0830 めざましライブ
0903 アミュネre:
0904 アミュネre:
0906 アミュネre: マチソワ
0907 アミュネre: マチソワ
0908 アミュネre:
0909 アミュネre:
0916 MUSIC ON TOWER
0921 アミュネre: 大阪 ソワレ
0923 アミュネre: 大阪
0926 テニミュ2nd 全国立海
1021 MUSIC ON TOWER
1118 MUSIC ON TOWER
1122 のぶニャがの野望 弐
1216 MUSIC ON TOWER
1220 る典 ソワレ
1221 る典 マチソワ
1222 る典 マチソワ
1223 る典 マチソワ
1227 る典大阪 ソワレ
1231 るコンCD公演