Re:

感想とか投げとくところ(の予定)

上半期まとめ

気付いたら上半期終わってた( ꒪Д꒪)お、おかしい。ついこの前ウキウキ六行会通ってたはず…?あれ、時空歪んだのでは…?

 

 

昨年は1年分一挙に振り返ろうとして自爆したので、今年は上下区切って振り返ってみようと思います。

 

まずは上半期の現場一覧こぴぺ!どんっ!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


0114 ミュージカルイケメン王宮
0118 鬼切丸伝
0119 鬼切丸伝 マチソワ
0120 鬼切丸伝 マチソワ
0121 鬼切丸伝 マチソワ
0122 鬼切丸伝 マチソワ(全通)
0129 ジュウオウジャーショー
0203 JYUKAIDEN TOU
0204 笑ってほしーの!公録
0211 胸キュン選手権1・2・3部
0225 ほきもとしんやのひらめきかた 両部
0226 プラスタ リアル投票ハイタッチ会
0328 むばステ
0329 むばステ
0330 むばステ マチソワ
0331 むばステ マチソワ
0401 むばステ マチソワ
0402 むばステ マチソワ(全通)
0415 マーカライトDトークイベント
0415 舞台xxxxxxxx ソワレ
0423 舞台 イケメン戦国 ソワレ
0503 マーカライトブルーDeeper
0504 マーカライトブルーDeeper マチソワ
0505 マーカライトブルーDeeper マチソワ
0506 マーカライトブルーDeeper マチソワ
0507 マーカライトブルーDeeper マチソワ(全通)
0514 佐川祐平の同窓会PART2 1部2部
0524 艶ステイベント
0604 艶ステイベント
0617 艶が~る初宴
0618 艶が~る初宴 マチソワ
0619 艶が~る初宴
0620 艶が~る初宴
0621 艶が~る初宴
0622 艶が~る初宴
0623 艶が~る初宴
0624 艶が~る初宴 マチソワ
0625 艶が~る初宴 マチソワ(全通)
0629 ヘイキン。マチソワ

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

ぴったり60回でした。昔は現場ほぼ全通でも80届かない感じのこともあったのに、昨年末の予想通り昨年以上のペースで進んでおります。でも昨年は3ヶ月近く現場がなくて、干からびてたことを思うと適度に良きペースな気もします。よく遊びよく働きよく現場行けてる。いいかんじ。社会見学がちょっと少ないので、後半はも少し社会見学してみたいなー。

 

1月

イケミュ(ミュージカルイケメン王宮)

お呼ばれで行ってきました。友達からいろいろ覚悟しといた方がいい(察し)と言われてたのと、後列観劇だったので散々脅されてた割にはなんとなく観れた(この濁しまくってる感じで察して)。質素なセットの記憶と、たかさきくんひとりがミュージカルだったったことと、おーみくんが人気な理由がちょっとわかったのと、りょっち数年ぶり!ベテランみ出てる!さすが!ってことは覚えてる。逆を返せばそこ以外あまり覚えてない()

 

 

鬼切丸伝

図らずもおにきりまるシリーズ全部観劇する奇跡、しかも初演以来の通い現場。何度も言うけど原作厨じゃないです。縁だね、縁。

作品の印象としては、思っていたよりずっとクオリティ高かったです。あんまり映像を多用する舞台は好みではないんですが、綺麗な映像を適材適所で使ってることと、そこに頼りすぎない所が良かったなーと思います。初演より無理矢理な端折り方してないし(未だ根に持つ七郎の扱い)。

せとっちは初演からのオリキャラを引き継いでの出演でした。直前のトラブルにも対応しながら、自分のお芝居も最後まで攻めて追求してく姿やいとをかし。公演ごとにぽんこつ度合い増してく赤鬼丸さん、笑。元々思い出深い作品だったけど、また楽しい想い出を重ねられてよかったです。

 

 

ジュウオウジャー素面

友達に誘われ初めての素面。忍ミュ以外で初めて行ったかも、Gロッソ。あ、ちなみにジュウオウジャーはテレビで欠片も見たことないです。あ、うそ仕事の片手間にチラ見して「うわー南シェル*1だぁぁ!」くらいしか観てない。

でもまず敵の雑魚キャラが客席降りしてきて、通路席にいた私に絡んできたのは湧いた(おたくの本能)。で、内容イマイチわかってないのに、中盤でひとり突然泣き出して隣の友達びっくり。私もびっくり。次はやまざきくんがここに立つんだぁって思ったらダメだった最後までズタボロに泣いてたし、そっからじんわり上半期の大半病んだ。でも初素面だったけど楽しいね!安いし!短いし!通うのは大変だろうけど、ふらっと行くには良いなぁと思った。

 

 

 

2月

JYUKAIDEN TOU

こちらは友人の招待で。作品的には賛否両論あるけど、まぁ、割と好き。でも通うとなると早々にメンタルブレイクしそうなので、1回観劇だから好きって言えるのかも。過去エントリーに書いたので詳しくは割愛するけど、観てる間に「いっそ(私を)殺せええええ!!!」ってなるくらいしんどかった。因みに過去エントリで「硯殺したやつ表出ろ」って書いてたけど、この前のイベできたがわさんが「スケジュールに殺された」って言ってて、スケジュール表出ろって思った。くっそー!

 

 

笑ってほしーの!公録

突然の発表だったので午前の仕事をなんとか休みもぎ取って行きました!夕方からまた別の仕事だったので、押上からタクシー飛ばした。

出てきた瞬間の私の動揺っぷりが動画に収められてないことを信じたい( ˙-˙ )*2森のくまさんの人がちょうど問題解決してすぐの出演だったんだけど、私あの歌めっちゃ好きだったからゲラッゲラ笑ってたwお笑い芸人を生で観るのは久々だったけど、やっぱり面白いなーって思った!あとキーワードでエチュードでいきなりあきよしくん復活したのはいろんな意味で口から心臓出るかと思うくらいびっくりした(主にそれまでの温度差によるもの)けど幸せだったー。女の子の出演者もみんな好きな子ばっかりで眼福でした^^*

チェキでやっとこ丸伝における聞きたいこと聞けてスッキリ⊂( ˆoˆ )⊃

 

 

胸きゅん選手権

全3部、それぞれ衣装(持ち込み)のコンセプトがあって、それに合わせたエチュードなどで客席を1番胸きゅんさせた人が優勝!みたいなイベ。いやーーーほんとかっこよかったぁぁぁ:;(∩´///`∩);:♡♡でも「お手離さない 死ぬまでな」で湧き散らかした話を後日友達にしたら「病気」って言われたのでたぶん病気(?)

いちいちさり気ない紳士っぷり(車のドア開けてあげたり)とか、プロポーズとかの真っ直ぐな感じとか…胸きゅん通り越して御両親に育児本の出版をしていただきたくなるくらい素敵でした(伝われこの感動)。腕相撲も負けず嫌い発揮で勝ち抜いたり、テンション低めなのにくじ引きでテンション10引き当てるミラクル笑ったし、思い出せば思い出すほど今湧いてる(ちょろい)。で、やっぱり何よりエチュードとかでお芝居してる姿が大好きだなーって思ってだな。この頃ちょうど次の舞台まで期間が空いてたので、3月がより待ち遠しくなりました^^*

 

 

 プラスタリアル投票ハイタッチ会

おたくになって初めての誕生日に推しの現場(^o^≡^o^)♡え?何したか?

f:id:milky2525:20170707071605j:imagef:id:milky2525:20170707071610j:image

久々にキチガイしてましたが何か!?!?いや、会場着いてそっこーで旧友(やまざき時代の同志)に会ったのがあかんかった一気に火がついた(?)

なんかまあ、イベの内容は1日限定でエントリー書いたのでアレなんであんまり深く触れないで( 'ω')とりあえず結果早く教えてくれませんか?たぶん私と友達の一騎打ちみたいになってる気がするけど()

他にも懐かしい方々と再会できて夜遅くまで語ったのめっちゃ楽しかった♡日野くんにお誕生日のこと言うの忘れたのは一生の不覚(あれだけループして何やってたんだ私は)。

 

 

3月

むばたまの夜に降る白雪の月影

とりあえず直前にいろいろあって、かなり鬱々としながら迎えた初日。舞台の内容も切なくて泣けるもんだから、ずっと涙目で観てたなぁ。観る人によって捉え方がかなり変わってくる、ちょっと不思議な舞台。映像化されてないのが実に悔やまれる。結構友達も来てくれる日が多かったので、帰り道や帰りのご飯で考察話に花を咲かせる時間がとても楽しかったです。瀬戸っちは執事のような役でビジュアル安定の神。私も死んだらアシュに導かれたいから今から徳積まないと(?)

そしてこの舞台、珍しくキャスト全員一般面会OKの舞台でした。失われた語彙力でもちゃんと拾ってくれるのありがたい…。千秋楽は先のあれこれが一気に爆発してズタボロに泣いた訳だけど。ほんと気持ち悪いな自分と思いつつ、良き思い出だし、絶対忘れないです。本当にこの人についてきてよかったなーって思いました、改めて。

 

 

4月

マーカライトDトークイベント

これも突発イベだったので、仕事終わりに遅刻して行きました(´・_・`)いやギリ時間に入る計算だったんだけど、総武線逆走したり現地で迷子になったりで全然間に合わなかった…反省…(そのわりにいつも遅刻寸前だなあんた)。でも席に着いた瞬間に瀬戸っちが話振られて「今日初めて喋ります」って言ってたのは笑ったw私ほんとそういう運はあるよね(?)

どんな技使うのかとか全然知らなかったから(本当にざっくりしたストーリーは初演通ってた友達複数から聞いてたけど)、技の話聞けてときめき増した♡

 

 

イケメン戦国

お友達の招待で。友達からは事前に期待値下げられてたのですが、普通に面白かった!橘くん忍ミュの時からやばいねすごいね!?って思ってたけど、もっと凄くてしろめ。なにほんとかっこよすぎか!?他にも知ってる役者さんがたくさん出てたのもあり、殺陣がうまい子揃ってる舞台だったのでめっちゃ楽しかったです。ストーリーも原作知識皆無な私にもわかる親切脚本。ギャグ要素も多かったのであっという間に感じたなぁ。埋まってないって聞いてたけど楽に向かって埋まってったらしくて、楽は普通にしっかり入ってた。まーこのクオリティのこのキャストなら埋まるわな。しかしほんと橘くんすごすぎた。時期が時期なら推してたレベル。

 

 

5月

マーカライトブルー ディーパー

先に舞台作品として面白かったかって問われると…うん笑。設定はいい感じなんだけど、なんか、良設定の無駄遣い感あったよね。まつださんの作った舞台だなぁっていうストーリーの進み方は結構食あたり状態だったかも*3。この舞台を後述の艶ステのように拡散することは私には出来なかった気がする。とりあえず音響映像ちゃんとプロの方を使おうな。総じてお金なさそうな舞台だなーって思わざるを得なかった。

瀬戸っちに対しても劇中初めて「有り得ない」って思うことがあって、あーこれは無理かもなーって数時間()思った。でもたまたまなのかマチソワ間の数時間で即修正してきたのはびっくりで、無理かもなーは数時間後に「えーかっこいいー:;(∩´///`∩);:」になったから本当にちょろのきわみ。千秋楽終わる頃には盛大にこじらせてた(^q^)リュビ様ー。

ただクリムゾン発表の瞬間は湧いてる客席の中で1人頭抱えて「まじかぁ…」ってなってたのはここに申し送る。いやリュビ様は大大大好きだけど、ほんとあのお金かけてください。先述の音響映像しかりウィッグも酷すぎたから…世界観があんな感じなら…そこに浸れるものをお金かけて作ろう…それなら作品のことも好きになれる…たぶん…。

 

 

佐川さんの同窓会

現場と家が近いって素晴らしい!笑。少人数のこじんまりしたプチイベントって感じでした。貴重なお話たくさん聞けたし、ブロマイドも普段ない感じだったのでかっこよかったぁ。久々のお友達とも一緒に動けたのも楽しかったです^^*

 

 

艶ステイベント@下北沢

仕事の前に行ってきましたー。また遅刻しそうで焦ったけど!今回は!間に合いました!←

あんまり期待値高くなかったんですが、思いのほか貴重な稽古場エピソード聞けたし、瀬戸っちがいっぱい喋ってたのは意外でした。じゃがりこ…笑。サイン会は初対面のおーみくんに「空気読んでください♡」ってぶっこんだのは反省してる。サイン書く位置とか面白かったー。この時にもっとチケ買い込んでいっぱいサインしてもらえばよかったぁ。

 

 

 

 6月

艶ステイベ@東大前

これもゆとって割とギリ着(安定) 。朝寄りで若干テンション低くて、かつ制作の手際の悪さ*4でイライラ募ってて顔に出てた気がするすみませんでした。でもキャストがいかにこの作品に真っ向からぶつかっていってるかが伝わってくるイベだったと思います*5

 

 

艶ステ

もう初日観るまでは過去最高レベルでやる気なかった!笑。「今回は本気っぽい」と身内に言われてたくらいには降りそうなオーラ出てたらしい。不安要素多すぎたからねー。でも初日観た瞬間に原作厨のテノヒラクルー*6のこともう2度と文句言わないって思うくらい華麗にテノヒラクルーした、笑。

すごい良かったんだよー。少しだけストーリーが駆け足かな?って感じだけど、初見でもいける親切脚本。ちょっと忙しい艶が*7。とにかく美術セットキャストみんなで抜け目なく作品を作り上げてる感じが好きでした(その前の通い現場がアレだったので余計そう思ったのかもしれないが)。

殺陣も「橘くんの殺陣観た後だからなぁ」という気持ちだったんですが、それでも初日から千秋楽まで毎公演湧き散らすくらいかっこよかったです、みんな。特に大千秋楽はさぁ…ほんと…うううう。ずるすぎる…*8。初日始まるまではつらいことも多かったけど、信じてついてきてよかったなぁって、改めて推してる事を誇りに思う人だなぁって思いました。今までアミュネと初等教育が同レベくらいで泣いたんだけど、そこを凌駕する勢いで1番げろ泣きしたよね。座席も終始神がかってた…ありがたき…。

 

 

 

ヘイキン。

艶ステロスも抜けきらぬままの現場。舞台とイベントをミックスしたような作品でした。某アイドル事務所のパロディっていう元ジャニオタにはたまらん設定で、歌のシーンとか指さされた(と思い込む)と湧いてしまうおたくの本能ねwかっこいい人達が全力でバカやってるのって楽しいよね。かっこよさ増す。

あととにかく私が瀬戸っちを観た最初の現場である「JYUKAIDEN」の3賢者復活が嬉しすぎた(●´□`)♡硯大好きだけど、たくまもやしろも大好きだなーって思いました。TOUでさんざん苦しんだので()余計にあの3人がわちゃわちゃしてることの多幸感よ。

 

 

 

 

 

 

上半期MVP舞台「艶ステ」

これはもう決まりでしょう!ただし純粋に「誰が観ても楽しめる」という基準で選ぶなら、むばステもいい勝負。初等教育やアダチルみたいなその年のダントツぶっちぎり!という感じではないかなー。下半期も期待!個人的に今出てる情報だと止まれない12人の期待値高いです。野畑も楽しみだけど、相性的にどうかなぁ?っていう懸念もあるので。当たれば多分野畑一強になるかも???思い入れの強さ的には艶ステがこのまま年間MVPで逃げ切る予感。

 

 

 

*1:南羽翔平。四弾大楽で羽根をマジで生やした姿しかり、存在が天使なので南羽+エンジェル=南シェルと呼ばれている。ちなみに全然認知じゃないのに男笑ってイベ終了後のハイタッチでいきなり向こうから「前の列の真ん中のところいましたよね!」ってぶっこまれてほんと怖かった←

*2:当時はandroidだったのでワロップ観れなかったのよー。そういえばつべ配信どーなったんやろ?

*3:かれこれこの時点で9作品観てる

*4:えいげきさん安定

*5:しかし当時はイラつきすぎて気づけなかったかも。今思えば的な。

*6:舞台化アンチが実際に舞台行って「沼!舞台まじ沼!」と手の平を返すように絶賛する様のこと。もうやまざきくんの頃からさんざん苦しめられたのでもう慣れた。

*7:ちなみにナルステは「忙しい人のためのNARUTO」で、それに慣れるとこれくらいのスピード感全然気にならない

*8:幻の「 【もっと…】もっと速くしまひょか?」からの有言実行に涙腺死亡