Re:

感想とか投げとくところ(の予定)

野畑の飼ってた宇宙人を観て改めて推しと保木本さんが素敵だって再認識したよね!

 

念願の保木本作品×推し現場でした!どれだけ願ってたかはこちらの記事をご参照ください。

 

 とにかく吉谷さんと保木本さんが好きすぎる問題 - Re:

 

まず2年ぶり3度目の保木本作品ということで。初めて観た時と比べて、こちらの舞台に関する経験値や知識や考え方も増えて。だからこそ改めて思う保木本さん作品のあれこれ。

 

ミルフィーユのように多重な伏線

まずはこれに尽きると思います。前半ひとつひとつの台詞が全て伏線と言っても過言ではありません。それくらい何重にも重なった伏線を、後半一気に取りこぼしなく軽快に回収していくのがスッキリ爽快。伏線も特に考え込まずとも、考察広げる必要もなし。ただ回数重ねて観てると、初見では気付かなかった伏線も次々発見して尚のこと面白い。

 

無駄がない構成

先述の通り、台詞全てが伏線なんです。なので無駄な台詞や無駄なシーンは全くありません。ドーラ(宇宙人)が玉駒先生を凝視してたり、謎に赤白帽拾ってくるような一見どうでもいいようなことひとつひとつも、後半になるとその理由が紐解かれ、それが物語に関する重要なフラグだった…とか。上映時間100分間に無駄がひとつもないので、実にあっという間に感じます。ドタバタコメディなのに、ものすごく洗練されている。きっと稽古段階で更に洗練されてったんだろうなぁって思います。

 

誰も死なない、不幸にならない

これはちょっと個人の好みの話になるんですが、過去3作品いずれも最終的にみんなハッピーな終わり方なんですよね。別に死ぬ舞台や不幸なまま終わる舞台もそれはそれで良きなんですけど、やっぱり観終わってすっきりする、あったかい気持ちになれるのはハッピーエンド舞台だと思うんですよね。それにみんながハッピーになれる舞台だからこそ、何も考えずに笑えるっていうのもある。すごく後味が良い。なので今回も毎日毎日雨続きの現場でしたが、いつも楽しい気持ちで通ってました^^*

 

これを演じる役者さんの凄さ、適材適所

これは前々から思ってたけど、演じる側の視点も前より意識するようになってより強く感じました。台詞量やテンポの早さ、声のボリュームやテンションも相変わらず尋常じゃないし。これをきっちりやり遂げる役者さんってほんとプロだなぁって思います。素人には無理っす。ちなみに清瀬さんは今回が初舞台との事でしたが、そんなこと一切感じない自然なお芝居でした。ただ仮に清瀬さんをドーラ役だとしたら難しかったかもしれないなぁって思っています。適材適所なキャスティングって本当に大事だなぁって思いました。

 

笑いのオブラートに包まれたメッセージ

初見ではその怒涛の笑いラッシュがすごすぎて、IQ2くらいの感想になっちゃうんですが(笑)でもよくよく観ると、笑いのオブラートに包まれてこの物語が客席に伝えるメッセージみたいなものが見えていきます。もちろん送り手と受け手の間で相違があるのは当たり前なので、狙い通りのものを受け取れてるかどうかはわからないけど…。野畑もものすごーくざっくり言うと「人生楽しもう」(めちゃくちゃざっくり)*1。あと顕著だったのは今作ではないけど「A.&C.-アダルトチルドレン-」が、重いテーマを笑いのオブラート100枚くらい包んだ作品。めっちゃ刺さるんだけど、笑いのおかげでいい意味でサクッと観れる。保木本さん作品ってつい面白さだけに目が行きがちだけど、そこに包まれて存在するメッセージ性の高さも好きです。とても。

 

 

ということで2年越しに観た保木本作品。改めて好きだなぁって思いました。さて、では次に推しのことについて。いくら「好き×好き」と言ってもその=が「もっと好き」になるとは限らないことは、2年前体感したことです。*2だから初日観るまで久々に緊張で吐きそうになってました(°𓂍°)

 

結論から言うと

とてもとても素敵でした(天を仰ぎながら)

 

まずキャスティングよ!あの、まさか、そこのポジションに置かれるなんて!思ってなかったっす!花形ポジション(と勝手に思ってる)のツッコミキャラ。稽古段階でそこに気付き、確実に台詞量とかやばいやつやん…って思ってました。そしたらやっぱり台詞量は圧倒的で、出番もめっちゃ多くて。ほぼほぼ出ずっぱりでした。苦手としているコメディ作品でしたが、きっちり板の上で繰り広げられるボケをレシーブしまくってました。状況変化にもきちんと対応していた姿もかっこよかったです。

 

特に凄いなーって思ったのは声。初日鼻声じゃん???って思ったんですが、後半から声が変化。面会で聞いたら、喉を潰さないように声の出し方を変えていた為との事でした。すごいプロっぽい\(^o^)/って思いました(いや、プロだからね)。確かに過去保木本作品でも何人喉の潰れた主要キャストを観てきたことか…笑。あれだけ声張って怒涛の台詞量で物理的にも走り抜ける作品で、工夫しながらやり遂げる素晴らしさよ…(また天を仰ぐ)

 

お名前の順番的に、ほんとにこんないい役貰えるなんて夢にも思わなくて。後々フライヤーの煽り文見て気付いたんですが、いつから須根ポジションと日出ポジションは変わったんだ…(。・ω・?)でもとにかくこんなにいいポジションに推しが立っていたことが本当に嬉しかったし、そこにきちんと乗っかっていける、ちゃんと自分の解釈も取り入れつつ日出として生きた推しも素敵すぎました。最後のシーン(日出くんと◎◎さんが…)美しくて大好きでした。毎公演ニヤニヤしてました、笑。

 

 

 

ネタバレしないで書くのむずかし!笑。なので語彙力ゴミな私の、ひとまず作品と推しの感想でした!ロスが著しいけど、もうマーカライトまで2週間切っとる\(^o^)/ひとまず今日無理矢理予定ねじ込みで赤組観てきます♡

*1:これはもっと自己解釈で捻じ曲げまくった解釈すると語り止まらない上に気持ち悪いので、別途記事でいつか書くかもしれない

*2:アダチルで仕方なかったとはいえ推しの出来がアレすぎたのもあり、推し放置でW主演の2人の芝居に爆泣きしたことによって初めて自身の心境の変化を自覚。それは結果的に降りるきっかけの始まりになった